ロスカットを知る4つの計算式とFXのルール

目次

FXの基本

以前に積立型のFXについて解説しましたが、FXの基本となるところまでは記事に起こせていなかったので、この記事で解説します。

この基本的なところを知ると、FXが危険なものとして世間に悪い印象を与えている部分が見えてきます。逆に基本を知って正しく運用を行えば、非常に低リスクで資産運用が出来るので是非知っておきましょう。

ロスカットとは

損をした時に、割合に応じて防ぐもの

クラール
クラール

投資にはリスクが付き物ですが、FXは特に気を付ける必要があります。ロスカットがあるためです。

順を追って、【必要証拠金】【有効証拠金】【証拠金維持率】【ロスカット率】の解説をします。

高レバレッジで取引を行う時は特にこの意味を知っておかないと大変な目にあいます。。

必要証拠金

取引するにあたって必要なお金のこと。

必要証拠金 = レート × 取引数量 ÷ レバレッジ(〇倍)

100円のレートで10000通貨でレバレッジが25倍の時だと↑の式に当てはめると

100円×10000円÷25倍=40000円となり4万円ほど担保として証拠金がいる事になる。

有効証拠金

残高のこと。

有効証拠金 =口座の預金額+評価損益

預金額が多ければ大きいほど有効証拠金が多くなるのでロスカットの許容範囲が広がる。

証拠金維持率

手持ちの資産の割合を表したもの。 0になれば資産も

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

↑の表を参考にレートが100円の時に基準値の1万通貨で計算してみると以下の通り

・必要証拠金=100円×1万通貨÷25倍(レバレッジ)=4万円

・有効証拠金=10万円

・証拠金維持率=10万円÷4万円×100=250%

95円になると、、、

・必要証拠金=95円×1万通貨÷25倍(レバレッジ)=3万8千円

・有効証拠金=10万円-5万円=5万円

・証拠金維持率=5万円÷3万8千円×100=131%

ロスカット率

ロスカットを任意で設定する割合率

証拠金維持率の計算でロスカット率も割り出せます。

例えば有効証拠金が10万円で30%のロスカット率に設定した場合は以下の値になります。

レート-5円×1万通貨=損益評価額5万円

有効証拠金=10万円-損益評価額5万円=5万円

証拠金維持率=5万円÷10万円×100=50%

FX会社によってロスカット率は違いますので、FX会社のロスカット率を調べる必要があります。

ボクの知っているFX会社のロスカットラインはこちら

FX会社目安になる証拠金維持率
SBIFXトレード証拠金維持率が50%未満になる
DMM.COM証券証拠金維持率が100%以下になる
為替ドットコム証拠金維持率が100%以下になる
GMOクリック証券証拠金維持率が50%未満になる
ヒロセ通商証拠金維持率100%未満になる
SBI証券 FX証拠金維持率が50%未満になる

以下が証拠金維持率をレバレッジの倍率で表したものです。

1倍だと2500%もあります。いかに高レバレッジが恐ろしい倍率なのか分かりますね。

証拠金維持率レバレッジの倍率
2,500%1倍
1,250%2倍
500%5倍
250%10倍
100%25倍
アフェ
アフェ

低いレバレッジを毎日積立するってことだから、レートも日々変わるのでリスクの分散にもなるんだね

クラール
クラール

大切なのはそれを維持することだね、スワップポイントが貯まっていくので、一定の水準を超えたら利益だけになっていくよ。ロスカットはその時点で消滅

FXは必ず低レバレッジで!

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

5 × 4 =

目次
閉じる