【比較】最大限に還元率を発揮させるコツとスマホ決済の魅力

目次

なぜお得なのか

ポイント還元率が高い決済方法が豊富で、クレカと合わせて2重取りも狙える。

paypayであれば利用額の1.5%の還元が受けられる。そこに、ヤフーカードなど特定のクレジットカードを紐づける事によってカード側に付くポイントも受けられる。

いわゆる、2重取りが可能でクレジットカードでの決済よりも更にポイントが受けられる事で、スマホ決済の各事業者が今後も、ポイントを増やせるキャンペーンを実施しています。

電子マネーとの違い

紐付けになっている対象の違いが大きな違いです。

電子マネーはカードそのものにお金をチャージして決済を行うプリペイドカードで、有名なところをあげると、【楽天Edy・nanaco・Suica・WAON】があげられます。

クレジットカードと紐付けられている、IDやQUICPayなんかも主となるカードにチャージして決済を行う事で、ポイントを得られる仕組みになっている。

いわゆる、電子マネーと呼ばれるものも、キャッシュレス還元対象として扱われていますが、中には手続きが必要なカードもあるため、スマホ決済と比べると不便な点がある。

スマホ決済は、【paypay・楽天pay・ORIGAMIpay・LINEpay】など多くのキャッシュレスサービスがありますが、スマホに記録されたIDをもとにバーコードが表示され、そこから決済や受け取りが出来、銀行口座やクレジットカードに紐付けて決済を行うもので、どれも還元事業の対象サービスで、最も有効な決済手段です。

還元事業サービスの対象とは

キャッシュレス、消費者還元事業とは、20年の6月まで、キャッシュレスの対象店舗で決済した際に2%~5%がポイント還元される制度。

どう決済したら還元されるのか

クレジットカード・デビットカード・電子マネー・スマホ決済

↑の4つが対象になりますが、中でも最も有効な決済手段は、スマホ決済となります。

paypayの様に、クレジットカードとスマホ決済とで別々にポイントが還元されるサービスがあるので、使わない手はありません。

どうやって始めることが出来るか

スマホのアプリをダウンロードして、そこにクレジットカードの情報などを入れるだけ。

とても簡単に紐付ける事が出来ます。

iosやandroid用のスマホであれば、どの端末でもご利用が可能です、銀行口座からorクレジットカードとの紐付けで簡単にご利用が出来ます。

不正利用でのセキュリティー面は大丈夫?

セキュリティコード認証に対応し、万が一紛失した場合でも、専用のフォームより連絡を行う事でアプリの使用を制御する事も出来るので、電子マネーなどのカードを持ち歩くよりも、便利で安心です。

キャッシュレスサービスの比較

paypay

クラール
クラール

スマホ決済の王道ともいえ、ヤフーサービスと組み合わせる事で、強力なポイント還元に繋げる事が出来ます。また、ヤフーカードは、公共料金でもポイントが還元出来るため、ボクも愛用しているカードです。

紐付ける対象 クレジットカード(デビットカード)
銀行口座・チャージによる入金
受けられるポイントpaypayボーナス
還元率1.5%~ 2.5%
還元の上限2万5千円
セキュリティ-本人認証 ・上限額の設定
特徴(2重取り)ヤフーカード+paypay

楽天pay

クラール
クラール

キャッシュレスが使用出来る店舗であれば、どの店舗でも5%の還元を3月2日まで行っています。別途エントリーが必要なので楽天payを利用の方は忘れずに!

紐付ける対象 クレジットカード(デビットカード)
銀行口座
受けられるポイント楽天スーパーポイント
還元率5%(エントリー必須)
還元の上限5%=2万5千円 2%=1万円
セキュリティ-本人認証
特徴(wポイント)楽天カード+楽天pay

ORIGAMIpay

クラール
クラール

還元ではなく、割引く事で無駄なくポイントが使えるユニークなオリガミペイ。特定の金融機関からの引き落としにする事で受けれるとても便利なスマホ決済サービス。

紐付ける対象 クレジットカード(デビットカード)
銀行口座
受けられるポイント
還元率1%~3%(キャンペーン)
還元の上限1回あたり、2000円が上限
セキュリティ-本人認証
特徴(割引)指定された金融機関

LINEpay

クラール
クラール

マイカラーという支払いの実績の割合で、ポイント還元率が変動します。最大2%を得るには、月10万円の支払いをしないと獲得出来ないので現実的ではないので、LINEペイの利用はボクはサービス内で得たポイントを決済時に使用することにしています。

紐付ける対象 銀行口座
現金チャージ
受けられるポイントLINEポイント
還元率0.5%~2%
還元の上限 3万円
セキュリティ-本人認証
特徴マイカラーのランクに応じて還元率が変動

aupay

クラール
クラール

auを契約している方の特化型のスマホ決済サービスで、無課金では0.5%とパワー不足ですが、課金499円/月を行う事で、3の付く日に限り20%の還元が得られる。スマホゲームの課金の割引や提携ショップでの買い物が安く出来たりするが万人受けするサービスではない。

紐付ける対象 クレジットカード(デビットカード)
じぶん銀行・通信費と合算など
受けられるポイントau WALLET ポイント
還元率0.5%~特定日に20%
還元の上限15000ポイントの還元が上限
セキュリティ-本人認証
特徴課金499円のスマパスプレミアム会員に加入する事で
3の付く日は、20%になる。

d払い

クラール
クラール

こちらもドコモ会員の特化型のサービスです。dカードで+1%付き、動画配信サービスなどに加入していたりする事で、最大7%の還元が得られる。

飲食店で11時~14時の間に提携店舗で食事をした場合に、10%のポイント還元が受けられるキャンペーンがある。これもdカードと紐付けをしていないと受けられない。

紐付ける対象 クレジットカード(デビットカード)
銀行口座・通信費と合算など
受けられるポイントdポイント
還元率 0.5% ~7%
還元の上限 3万円
セキュリティ-本人認証
特徴(wポイント)Dカード+ d払い

まとめ

paypay、楽天ペイ、ORIGAMIペイがスマホ決済サービスの中でも秀でていると思います。

還元率もそうですが、ダイナミックなキャンペーンを展開していっている事も選定理由の1つとしてあります。

ORIGAMIペイは、とにかくポイントを無駄にしたくない人におススメ。利用→その場で割引→決済となるので、ポイントの失効などを気にする必要がないのも良い点です。

楽天ペイも3月2日までどんな店舗でも5%の還元を実施しているので、還元率でいえばかなり大きいサービスです。楽天カードとの組み合わせが非常に強力で、スマホ決済とカードでダブルでポイントの獲得が可能。

楽天ポイントカード提示で100円(税込)につき1ポイント貯まるお店で、5,000円(税込)のお買い物の場合(※お店によりポイントの付与率は異なります。)現金でのお支払いなら0ポイント→楽天ポイントカードの提示で50ポイントGET!(楽天ポイントカード機能付きのアプリやクレジットカードでもOK)→エントリーして楽天ペイアプリのお支払いで+250ポイントGET!→楽天ペイアプリのお支払い元に楽天カードを設定で+50ポイントGET!※楽天ペイアプリを使用しない楽天カードでのお支払い(クレジット支払い)の場合も50ポイントGET→合計で最大350ポイントGET!

最後に paypayですが、こちらもヤフーカードとの2重取りで凄まじい還元率を生み出しています。

ヤフーカード1%+ paypay の還元 1.5% で 2.5%

更に、 ヤフーカードは、公共料金でもポイントが還元出来るため、ボクは楽天カードと併用してヤフーカードを利用しています。

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

1 × 4 =

目次
閉じる