MENU

【比較】無料と有料ブログの違いと目的や目標で大きく変わる運営方法

2020 2/06
【比較】無料と有料ブログの違いと目的や目標で大きく変わる運営方法
目次

無料ブログと有料ブログの違い

ブログの種類無料ブログ有料ブログ
必要なものアカウントを作成するメールアドレスアカウントを作成するメールアドレス
レンタルサーバーの契約
独自ドメインの取得
必要なソフト特になしWordPress
シリウス・WIX・ホームページビルダーなど
サーバーの性能選べない(無料な分十分とは言い難い)選べる(金額にもよるが、高速で大容量なものまで自由に選べる)
速度遅い速い
ドメイン名の自由必ずサイト名が付いてくる自由に決める事が出来る
広告の掲載NGなものが殆ど(扱いにくい)自由に掲載出来る
所有権運営側にある(サーバーの廃止などで自身のブログがロストするおそれがある)自分のもの
意図しないバナーの掲載ある( Bloggerなど一部のサービスを除いて殆ど意図しない広告の掲載はある)ない(自身でアドセンス等の広告を選べるが申請し、合格する必要がある)
ドメインパワー一定の水準を保ったまま人気や被リンクで伸びしろは無限大その分最初は0
Googleアドセンス独自ドメインの取得が必須(有料)独自ドメインの取得が必須(有料)
年間費用無料4000円~
クラール
クラール

↑の図で青線を引かせてもらったところが非常にデメリットなので、基本的に無料ブログはおススメしません。

あわせて読みたい
【比較】LiteSpeedのレンタルサーバー8社の徹底比較とランキング結果
【比較】LiteSpeedのレンタルサーバー8社の徹底比較とランキング結果LiteSpeedを選ぶ理由としては、現環境で最速のサーバーという点表示速度などすべてにおいて高速なので、SEOのクローラーが好む滑らかで、快適な運用が可能です。今回は...

目的や目標で大きく変わる

目的→①情報の発信を行うための意欲があり、コンテンツが豊富

   ②一定の間隔で思い付いた事を発信していきたい

目標→①多くの収益を求めている人

   ②収益はあった方がいいけど、多くは求めていない人

この2点とも①であれば、レンタルサーバーとドメインの取得から始める有料のブログの一択です。

後者の②であれば、無料ブログでもOKだと思いますが、冒頭の図にある青線を引かせてもらった個所でも大丈夫!試しにやってみたいと思われる方であれば満足されると思います。

そもそもサーバーとドメインって何?

サーバーとは

データを保存する媒体であり、書き込んだ記事情報を公開する為に必要なサービス。個人で運営するには膨大な費用が発生するので、レンタルする事が一般的。

不動産でいう土地や建物で認識されると分かり易い。

ドメインとは

サイトの名前で何処の誰から発信しているかを表記する上で必要なもの。〇〇.com○○.netなど末尾に付くドメインで運営する料金が変わる。初期費用が安いものであれば〇〇.siteなどがあるが、2年目より高くなるので、長期で使われるのであれば、.comや.netがおススメです。

不動産でいう住所と認識されると分かり易い。

無料ブログ

無料の中ではどれ?

基本的にGoogleアドセンスやAmazonアソシエイトは独自ドメインの取得が必須条件になってきますので、無料ブログでも、ドメインだけでも独自ドメインを取得される事をすすめます。

Blogger

Googleが運営する無料ブログサービスです。

無料ブログのデメリットでもある、運営側の広告が一切ないので個人的に一押しの無料ブログです。

アドセンスも独自ドメインの取得で申請が出来ます。( お名前.com など1年無料で配布するサービスの利用などで、無料でアドセンス広告を申請する事が出来ます。)

容量は1gでデータベースは100

ファンブログ

アフィリエイト大手のA8netが運営するサービスです。

無料ブログの殆どは、広告が自分で選べません。無料な分、運営側が貼りたい広告が勝手に表示されてしまいます。ファンブログであれば、自分が貼りたい広告を添付出来ます。大手ASPなので豊富な広告がある事から、アフィリエイトに関するブログ運営ってどんなものか肌で感じてみたい方におススメです。 残念ながら独自ドメインの取得が出来ない仕様ですので、アドセンス広告を貼る事が出来ませんが、Bloggerと差別化して利用されるのも良いかもしれません。

容量は500Mbでデータベースは5

FC2

容量を重視したい方あれば、FC2がおススメ。

データベースは1個ですが、容量は無料に関わらず10gもあります。

こちらも、ASPに関しては大手であり、様々な案件を選ぶ事が出来ます。アダルトコンテンツのこのASPが豊富です。

月額300円で独自ドメインの取得も出来るので、アドセンス広告の申請も課金になりますが、出来ます。

容量は1gでデータベースは1

ドメイン

レンタルサーバーと、一緒に必ず必要なものがドメインです。

サイト名の後に【.com】などが付くものをドメインといいます。

ドメインがあることで、何処の誰からの情報が発信されているか判ります。ボクのサイトでいう https://klar-net.com/ の【klar-net】が自分の名前(住所)で.comが郵便番号の様なものと思われると分かり易いかもしれません。

ドメインにも様々な会社があるのでご紹介させて頂きます。

長期で運営するならば、王道の.comがおススメです。理由として、更新の値幅が購入時の値段と比べて大差がないことからです。(.siteなど最初は100円以下で購入が可能ですが、1年を過ぎると一気に4000円くらいまで値上がりしてしまうものがあります。)

会社お名前.com カラフルボックスムームードメインConoHa WINGmixhost エックスドメインスタードメイン
料金
.com
760円999円1160円1280円 無料~980円 780円 880円
移管 1280円 1280円 1480円 1280円 1280円 1180円 1180円
更新 1280円 1280円 1480円 1280円 1280円 1180円 1180円

キャンペーンが入るため、限定的でありますが、 mixhost が永久無料でドメインが使用出来ます。

条件が mixhost のサーバーを契約したうえでのクーポンコード 「FREEDOM」と入力する必要があるため、条件がありますが、 (.com/.net/.org/.biz/.info/.xyz/.link/.click) がサーバー契約中は更新費を払う必要がないというところは大きいですね。

初期費用としては お名前.com の760円が最安値ですが、更新を見るとエックスサーバーが運営している エックスドメインスターサーバースタードメイン が最安値となっています。

GMOグループが殆どを占めているところで、ドメインにおいては他を圧倒する勢いがあります。

こちらも総合評価をすると

1位 お名前.com (条件次第で、 mixhost

2位 エックスドメイン

3位 スタードメイン

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

2 × 4 =

目次
閉じる