【比較】2020年通信費の最安値は?ロケモバ、b-mobileが熱い

目次

通信、通話の最安値は

以前に、 ロケットモバイル さんの記事を書かせてもらった時に、コメントしましたが、条件がありますが、一番最安値で利用出来るサービスは、 ロケットモバイル (通称ロケモバ)となります。

結論を急ぎますと、速度制限+電話番号はSMSで十分な方は間違いなくロケモバで大丈夫です!

しかし、デュアルSIM対応のスマホではなく、通話も込みでのお支払いを検討されるのであれば、今度は b-mobile が最安値候補になります。

条件は制限がかかる+電話回線

ロケモバの売りは、安さ

とくに神プランが他社と比べてみても圧倒的に安いのが魅力です。

しかし、その分、随時速度制限がかかるリスクがあります。(随時200kbps)

ドコモ回線においてはSMS用の電話番号も付帯されていないので、LINEやSkypeでの通話も出来ません。

随時速度制限がかかっている(200kbps)

ドコモ回線はSMS用の電話番号も付帯されていないが、298円で利用出来る

オプションでSMSを選ぶ事でドコモでも電話番号が付きます

150円発生してしまうため、最安値ではなくなるのでご注意!

料金プラン

以下がロケモバの料金プランです。

普段LINEやメールでしか通信を使用しない方

LINEや、メールであれば200kbpsでも問題がないレベルで使用が出来ます。

実際にご年配の方だったり、仕事用でのご利用で使用される方だったりするとデータ通信は必要がないと思われる方もいらっしゃると思います。そんな方には、間違いなく現段階だあればドコモの神プランが最適です。

通話と通信込みで月額948円でご利用が出来ます。

通信のみであれば月額298円

au神プランが最安値

※以下の条件の方は電話番号付きのauプランに入れば最安値で扱えます。

ただし、この電話回線はSMS用なので、電話回線では使う事の出来ません。また、容量の大きなものを見る等などの使い方は出来ません。

電話回線はなくてもいい=LINEなどの通話でいつも対応しているから

データ容量も気にしない=SMSやメールの送受信が出来れば十分

これは、普段から通話もLINEやSkypeで利用で、電話回線の利用がない方。

学生や主婦の方なんかはこれに当てはまるところと思いますが、このプランであれば

通信のみであれば月額398円

クラール
クラール

398円でLINEやSkypeでの通話、メールだけでOKな方はご利用が出来ます。

他社と比較

速度制限あり~1ギガ

ロケットモバイル神プランはデータ通信と通話ありのプランがあるため、2つ並べました。

データ通信では、業界最安値で利用出来ます。 

が、 200kbpsの速度制限がかかった状態での利用となるので、容量が大きなもの(動画や重たいサイト)は満足に見る事が出来ません。

会社 ロケットモバイル(神プラン) ロケットモバイル(神プラン) (通話あり)b-mobile
1ギガ
イオンモバイル 500MBmineo
500MB
LINEモバイル500MB
ドコモ回線298円(SMS用電話番号なし)948円990円1130円1310円1100円
au回線398円 (SMS用電話番号あり)1068円1130円1400円 1100円
ソフトバンク回線398円 (SMS用電話番号なし) 990円1750円 1100円

通話込みであれば b-mobile

その点、 b-mobile のジャストフィットSIMであれば、1ギガの通信容量で、電話回線込みで月額990円でご利用が出来ます。

内容はとてもシンプルで、1ギガまでなら990円でご利用可能!

容量を多く使ってしまった場合でも、1ギガあたり200円ずつ加算されていくので、2ギガまでなら他社の500~1ギガよりも安く利用が出来るうえ、速度制限の心配もありません。

最大20ギガまで

あくまで、1ギガまでを使う前提での最安値となります。

20ギガまでなら、1ギガあたり200円の加算で使えますが、ここまで来ると4790円、、これ以上の加算は出来ない代わり、20ギガ以降は速度制限に入ります。

シングルSIMで大容量をご利用なのであれば、クラウドSIMのルーターを持つというデメリットは発生しますが、3キャリアの通信が出来る上、無制限でのご利用が可能になります。

月額は、 3280円 が最安値

あわせて読みたい
【徹底比較】クラウドSIMとは最新のWiFiルーターランキング
【徹底比較】クラウドSIMとは最新のWiFiルーターランキング【クラウドSIMとは】通常、SIMカードは通信会社と契約を交わした後、発行されるもので、1つの端末に1つのSIMカードが入るものでした。ここ最近でデュアルSIMなど2つ...

こちらも、デュアルSIMでなければ、別途端末が要る事には変わりませんが、SIMだけを契約し、古い端末でテザリングが出来る事が出来る方であれば、こちらの記事も参考になるかもしれません。

あわせて読みたい
【厳選】デュアルSIMの利用で変わる最安値のプラン活用方法
【厳選】デュアルSIMの利用で変わる最安値のプラン活用方法クラールデュアルSIMの使い勝手が凄まじいので、記事に起こしました。【デュアルSIMとは】デュアルSIMとは、SIMカードのスロットが1つ以上あるものをいいます。1つだ...

まとめ

条件は発生するが、現状最安値でのご利用は、 ロケットモバイル(神プラン) のプランD で298円しかし、SMS用の電話番号は付帯されていないため、通話は不可。

次に、au回線の ロケットモバイル(神プラン) のプランAで398円であれば、SMS用の電話番号が付帯されているので、LINEなのどSMSでの通話が可能になりますが、電話回線用の番号ではないため、電話回線でのご利用は不可。

次は、速度制限は発生しているが、電話回線が付帯されているロケットモバイル(神プラン) (通話あり) プランDで948円で利用が出来るが、容量の大きなものを見たりする事が出来ない。

最後に、1ギガの容量付きで電話回線も付いて月額990円で利用が出来る b-mobile のジャストフィットSIMであれば、容量1ギガの余裕と、電話回線の利用が出来るため、ロケモバと比べて若干値上がりする分、フレキシブルに利用が可能。

容量がオーバーしても1ギガあたり200円の加算で利用が出来るので、便利。

大容量を利用するのであれば、別途、クラウドSIMや通信SIMの契約を交えての利用で料金の節約に繋がります。

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

thirteen + three =

目次
閉じる