【SEO】キーワード選定ツール6選!キーワードの見つけ方解説

Google、ヤフー、など検索エンジンの対策の大前提はキーワード選定です。

サジェストキーワードを見つける事で、より多くのユーザーに記事を読んでもらうことが出来ます。

つまり、認知度を上げる事が重要であなたが公開する記事の内容とマッチしたキーワードを選ぶ事がとても重要です。

他にも、ミドルキーワード・ロングテールキーワードの選定も重要ですが、これ等のキーワードはどうしたら効率よく選定出来るのか?

クラール
クラール

キーワードに特化したツールを今回は解説していくよ

目次

関連キーワード検索ツール

関連キーワード取得ツール

ビックキーワード(サジェスト)キーワードを見つける時に必須と言っていい神ツール。

サジェストキーワードを見つける

ミドルキーワードを見つける

ロングテールキーワードを見つける

キーワードを一括検索することが出来る

軸となるキーワードを入力。

なるべくストレートに短いキーワードを!

ここでは『ワードプレス』と入れてみます。

軸のキーワードから関連するキーワードを様々な検索エンジンより、抽出して候補を拾ってきてくれます。

①ワードプレス ②使い方

①ワードプレス ②ログインなど関連するキーワードが沢山表示されてきます。

全キーワードリストのところで一括コピーも出来ます。

このコピーを後で紹介する、キーワードプランナーと貼り付ける事で更に効果が増すので、併用して利用しましょう!


good keyword

goodkeyword

関連キーワード検察ツールと用途は一緒なのですが、こちらも人気が高いツールなのでご紹介!

基本的には同じ感覚で利用出来るのでお好みでどちらかを使われると良いと思います。

軸となるキーワードを入力して検索

表示されたキーワードをすべてコピーのところをクリックすると全体選択されるので後はコピーするだけ!

goodkeywordもキーワードプランナーがあって成熟する物です。必ずキーワードプランナーと併用しましょう!

キーワードプランナー

キーワードプランナーの使い方については、こちらを参照されることで、より詳しい説明を読むことが出来ます。

klar-net
【2020年版】Googleキーワードプランナーの使い方(無料編)
【2020年版】Googleキーワードプランナーの使い方(無料編)リニューアルしたキーワードプランナーについての解説を今回はしていこうと思います。 初めての方でも、分かる様に解…

ここでは、キーワードプランナーはどんな働きをするのかを解説していきます。

キーワードプランナーとは

キーワードの人気の予測

期間を通じて人気があるシーズンが分かる

キーワードが容易に出来る

実際に検索ボリュームのページでどんな働きをするのかみてみましょう。

関連キーワード検索ツール、goodkeywordでコピーした内容を検索欄に貼り付け、開始します。

検索ボリュームのところで、キーワードの人気度が確認できます。

1万以上=ビッグキーワード

1000~1万=ミドルキーワード

1000未満=スモールキーワード

キーワードを選定する際に、どのキーワードを狙って記事をおこして行くのか、リライトをする際に隠れているキーワードはどれなのか、気付くことが出来ます。

クラール
クラール

ブログで重要なのは認知度!

キーワード選定をする事でより認知度を高める事が収益化の近道です。

注意点

無料で利用することが出来ますが、デフォルトの段階ではお金が発生します。

有料の場合は、最小にすると200円/月で利用出来ます。

無料にするには、キャンペーンの一時停止をする事で簡単に出来ます。

Yahooの検索機能

こちらは、ツールというよりブラウザになりますが、皆さんご存知の方も多いはず!Yahooです。

サジェストキーワードを見付ける

ロングテールキーワードを探すのに精度が高い

検索すると下部に関連キーワードが並んでいるのが分かります。ここでも人気キーワードを見つけることが出来ます。

ロングテール(スモール)キーワードも記事URLの下にある本文を抜粋したキーワードを辿ると見えてきます。

この本文の中に、3語、4語キーワードが隠れています。

見付けたキーワード

『まとめ』『サイト』『簡単』

検索順位の変動は日々行われていくので、キーワードも移り変わっていきますが、ロングテールキーワードは長続きする特徴があります。

ボクは、キーワードプランナーと併用してYahooも利用しています。

サーチコンソール

キーワードプランナーと同じく、Googleのツールです。

サーチコンソールは非常に汎用性が高く、クローラーが発見したエラーの報告もこのサーチコンソールで知る事が出来るので、必ずインストールする事をすすめます。

エラーを検知し報告する

自分のサイトで人気があるキーワードを知る事が出来る

エラーに付いては、ボクが経験したエラーの記事がありますので、こちらをご覧ください。

あわせて読みたい
サーチコンソールで問題を解決する方法(モバイルユーザビリティ)
サーチコンソールで問題を解決する方法(モバイルユーザビリティ)4月4日に突然、Googleよりメールが入り、モバイル ユーザビリティ関連の問題が検出されました。とのメールが届いていました。土曜日だったので、家族で過ごす時間を作...

検索パフォーマンスのページでは、自分のサイトのどんな記事が人気で、どのキーワードから流入が発生しているのか知る事が出来ます。

Googleアナリティクスでは、モバイルなど、どんな端末で来て、どれだけ滞在したかなどを知ることが出来ますが、サーチコンソールはより、『クリックされた』キーワードを検出してくれます。

キーワードに特化したデータを得ることが出来るので、ボクは毎日チェックする様にしています。

seoマスターTune

キーワード選定を行って、インデックスしても上手く軌道に乗らない時には、seoマスターTuneを検討してみるのも一つの手段です。

コンテンツの充実度の向上

SEOの最適解を導きだしてくれる

このツールを使うことで、ツール自体がアドバイスをしてくれるため、より強力コンテンツを作り出すことが出来ます。

つまりクローラーが好むポイント

ポイント

✅サイトマップの作成

✅キーワードに沿ったコンテンツ作成

✅シンプルなURL

✅内部リンクの充実

✅外部リンクを増加

✅表示速度を上げる

✅サーバーの最適化

総合的にAIが確認することで、クローラーと同様の効果を出してくれるため

より、意味が大きいコンテンツ制作が展開出来ます。

ブログ分析を随時して、価値を高めるアドバイスをしてくれる

見出しの文章、本文の内容などをリライトする上でアドバイス

SEOマスターチューニング画面

100項目以上のアドバイス項目より、記事を分析し、見出しの構成や記事の構成など総合的に評価されます。

アイコンがで表示され、アイコンをクリックすることで、どこをどの様に改善すれば良いのか解説してくれます。

指摘内容を改善していくことで、よりSEOに評価され易い記事を制作することが出来る様になります。

アフェ
アフェ

項目ごとに評価があり、点数が低いものを改善していくことでSEOに評価されやすいサイトが構成できる

seoマスターTuneチューニング機能 改善アドバイス
クラール
クラール

つまり、記事の構成を自動的にアドバイスしてくれるのでリライトをする時にとても役に立つ

料金

TenePro
月額月額
9000円35000円

Proとの違い

上位ランクのProに比べると安いTneですが、その分出来ない事もあります。

一番大きいのはキーワード選定。

Proであれば、キーワード選定も自動で行ってくれるのでタイトルを決める時など、自身で出したキーワード選定と、照らし合わせる事が出来ます。

seoマスターProfessional(プロフェッショナル)
月々価格35,000円(税抜)
登録可能ドメイン数無制限
1シリアルナンバーで2台(PC)までインストール可能
契約更新6ヶ月
キーワード数無制限
最新アルゴリズム同期
チューニング全機能
100項目以上ものページ内部のseo要因をチェック
10万ページ以上の統計分析
キーワード候補アドバイス
GoogleAnalyticsとの連携機能
スコア
順位追跡
キーワード上位表示の確率
順位取得スケジューラー

7日間無料体験期間がある

一週間の無料体験があるので、その期間利用してみて使用感を確かめる事が出来ます。

自身のサイトのリライトをする際や、ブログを立ち上げたばかりの方など、SEOをより充実させるためのヒントが欲しいときなどに体験すると良いと思います。

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

18 − 8 =

目次
閉じる