MENU

住信SBIネット銀行から外貨にする方法と他サービスと比較と注意点

2020 6/30
住信SBIネット銀行から外貨にする方法と他サービスと比較と注意点

前回の記事で、住信SBIネット銀行で手数料無料で他銀行から自動入金をする方法をご紹介しましたが、今回は外貨預金について解説していきます。

外資預金といっても、今回は資産運用としての利用よりは

より安く外貨を購入する方法と注意点を解説!

目次

当然ですがネット銀行がお得!

その中でも、住信SBIネット銀行がお得!

外資については、楽天銀行よりも住信SBIネット銀行の方を利用しています。

1通貨単位=4銭で利用が出来ます。

クラール
クラール

4銭=0.04円なので

100ドル交換で4円

メガバンク(三井住友銀行など)=25銭~50銭

ネット銀行(楽天銀行)=25銭

住信SBIネット銀行=4銭

さらに積立預金をする事で2銭に出来る

条件はあるがポイントも入る

更に積立で2銭で取引出来る

クラール
クラール

下記で比較していますが結論は

外貨にするだけなら積立預金

預金も兼ねるなら積立FXがおススメ!

積立預金だと2銭で、交換が出来るのでボクは毎日500円ずつ外資に変えています。

通常時

種類手数料
(スプレッド)
最低取引量金利
SBI証券MMF
(外資投資信託)
25銭5000円
住信SBIネット銀行
(外貨預金)
4銭1通貨
SBI証券
(SBI FX α)
0.51万通貨
楽天銀行
(外資預金)
25銭10通貨
アフェ
アフェ

金利は、積立預金に比べてMMFや積立FXの方が高いから

預金として残す考えならMMFか積立FX!

賛否両論ありますが、MMFと積立FXならボクは、積立FXが良いと思います。

あわせて読みたい
【外資積立】するならFXの利用を薦める3つの理由
【外資積立】するならFXの利用を薦める3つの理由アフェ外資の積立は銀行か証券会社の方が安心感は断然あると思うけど、FXって危険なものじゃないの?クラールFXが危険なものと思われるのは、レバレッジをかけているか...

積立購入時

クラール
クラール

米ドルを購入するときは住信SBIネット銀行の

外貨積立がおススメ!

種類手数料
(スプレッド)
最低取引量金利
SBI証券MMF
(外資投資信託)
25銭5000円
住信SBIネット銀行
(外貨預金)
2銭500円~
SBI証券
(積立FX)
5銭1通貨

外貨預金のメリット

リスクヘッジ

金利の恩恵

為替差益

リスクヘッジ

コロナショックで未だに予断を許さない状況が続いている世界経済です。

円高になっているのであれば、外資預金をする必要性は薄くなりますが

現在、円の価値も危ぶまれています。

そんな中で、外資預金に限らず株式などにも投資をすることでリスクの分散は有効な手段といえます。

金利の恩恵

外貨積立では金利の恩恵は大きく受ける事が出来ませんが、FXやMMFはより大きく金利を得る事が出来ます。

外貨積立=毎日の変動

積立FX=毎日の変動

MMF=一定額が決まっている

クラール
クラール

債権として預金をされるのであれば、MMFまたは、低レバレッジで利用出来る積立FXがおススメです。

為替差益

冒頭、お話した円高か円安かでここの差額が変わってきます。

円高に推移すると予想されているなら✖外資預金はしない方がいい!

円安に推移すると予想されているなら〇外資預金をしよう!

円安になればなるほど、この為替差益の幅は広がるので、利益が大きくなります。

ETFや米国株を購入する注意点

アフェ
アフェ

くりかえしますが

積立預金で2銭/1通貨で交換

為替差益で割安でETFなどの株式を購入することが出来る

メガバンクだと50~25銭

ネット銀行でも25銭がザラです。

住信SBIネット銀行の積立預金を利用することで2銭

『外貨損益チェッカー』を利用することで、購入した通貨の価値が一目で分かります。

つまり、割安で株式を購入出来ることになります。

外貨損益状況ー評価損益

商品・サービスから

外貨預金を選択!

次に、外資積立を選択!

お申込みを選択!

通貨の選択

各項目を入力

購入上限レート=STOPをかける単位(下記は120円~買わない)

1回あたりの買付金額=500円から任意で選べます。

買付頻度=毎日・週・月で購入する周期を決めます。

確認画面と取引パスワード

最後にWEB取引パスワードを入力で終了です。

クラールの運用

ボクは投資を3つに分けて行っています。

①債権

②投資信託

③海外ETF

今回解説した、住信SBIネット銀行の積立預金についてはETFの購入への足掛かりに利用する感じです。

アフェ
アフェ

通常4銭/1通貨かかるところが、2銭/1通貨で利用が出来るところがポイント!

①の債権ついては、SBI証券の積立FXを利用しています。

②の投資信託は、楽天証券のポイント投資と一緒に行っています。

指定したポイント分を毎月、投資信託の買付に利用

そして、最後に③ETFの積立投資

こちらも、SBI証券を利用しています。

自動積立でこちらからアクションを起こす必要がないところと

日付指定や曜日指定も出来るので、堅実なドルコスト平均法で投資が出来る事で利用出来るから

アフェ
アフェ

この買付も積立が出来るので、次回はそこに付いて解説するね

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

eleven − six =

目次
閉じる