【SBI証券】米国株ETFの積立を最もお得に購入する方法

アフェ
アフェ

ETFは住信SBI銀行で買うとお得なの?

クラール
クラール

買付を行うときの外資手数料が安いのでETFはSBIで購入する方がいいよ

外資預金や外資に変更をする場合に住信SBIネット銀行を利用することでより手数料を抑えることが出来ます。

klar-net
住信SBIネット銀行から外貨にする方法と他サービスと比較と注意点
住信SBIネット銀行から外貨にする方法と他サービスと比較と注意点前回の記事で、住信SBIネット銀行で手数料無料で他銀行から自動入金をする方法をご紹介しましたが、今回は外貨預金…

楽天証券や手数料の安さに定評のあるFX口座に比べても積立預金にすることで、1通貨あたり2銭で購入する事が出来るので、一番効率よく外資にする方法は住信SBIネット銀行で外貨積立預金にすることです。

通常取引

種類手数料
(スプレッド)
最低取引量金利
SBI証券MMF
(外資投資信託)
25銭5000円
住信SBIネット銀行
(外貨預金)
4銭1通貨
SBI証券
(SBI FX α)
0.51万通貨
楽天銀行
(外資預金)
25銭10通貨

積立預金

種類手数料
(スプレッド)
最低取引量金利
SBI証券MMF
(外資投資信託)
25銭5000円
住信SBIネット銀行
(外貨預金)
2銭500円~
SBI証券
(積立FX)
5銭1通貨
目次

積立投資も設定出来る

アフェ
アフェ

外資と同じ方法『ドルコスト平均法』SBI証券ならETFも買い付けが可能

SBI証券では、ETFを自動的に買付が出来ます。

例えば、こんな設定も自由自在

毎日1口

週2口

ETFのデメリットがなくなる

デメリットとなる相場の変動に関与されることなく、一定額を定期的に投資できるので、心に余裕が生まれる。

クラール
クラール

チャートに踊らされることなく適切にドルコスト平均法で運用

ウォール街にも、10年続けて儲け続けているテクニカル投機のファンドは無いと著名な投資本【ランダムウォーカー】にも述べられている様に、テクニカルで物事を見るのではなく、常にインデックス投資を意識する事が大事とあります。

プロであっても割高と割安の判断は難しいという事です。

テクニカルで判断し、今は好景気だから不況になるまで予算を残しておくという考えの人も少なくはないかもしれません。しかし、投じれる予算を残している期間不明瞭で、その間得られる配当や値上がり幅の利益などを考えると、正解とはいえません。

大切なのは

長期的であり、分散投資であり、インデックス投資であることが重要ですので、適切なアセットアロケーションの元、余剰資金の範囲で投資を行う事がとても重要です。

アフェ
アフェ

ETFの定期購入でより、確かな投資をしていこう!

入金する(手数料は最安だが、自動化出来ないのがデメリット)

繰り返しになりますが、円建てからでもETFを購入出来ますが、外資積立預金と連携することで安く購入することが出来ます。

入出金・振替➤外資入金で振り込み金額を米ドルであれば

米ドルに合わせて〇米ドル〇セントと入力します。

最後に取引パスワードを入力し、振替指示確認を選択することで証券口座へ入金されます。

アフェ
アフェ

ここの作業が手作業になるのがデメリットな部分

海外株式・海外ETF

次に海外株式・海外ETFの項目へいき、米国・中国など各当する国を選択。

下部へスクロールし

外国株式のお取引はこちらへを選択。

取引

各当する国を選び

定期買付を選ぶ

アフェ
アフェ

銘柄orティッカーで検索

銘柄=バンガード S&P500 ETF

ティッカー=VOO

人気の銘柄はS&P500に連動した銘柄

6月9日現在の米国ETFランキングは以下の通り。

1位はS&P500に連動するETFのうち最も経費率が安いVOO

ボクもS&P500に連動する銘柄を中心に米国株ETFは投資しています。

おすすめ銘柄

高配当ETFとS&P500に連動した銘柄や、ディフェンシブに特化した銘柄

更には、全体的に満遍なく分散投資をしたものなど多数。

クラール
クラール

ボクのおススメ銘柄

SPYD(高配当といえばココ)

HDV(ディフェンシブでSPYDとの相性がいい)

VYM(非常にバランスが取れた投資先)

VTI(総合的に投資するならここ)

セクター別で色んな特色もあるので、特色を把握してETFを選ぶとより深く投資が出来る様になります。

klar-net
【米国株】11のセクターで分類された特徴とディフェンシブ・オフェンシブ銘柄
【米国株】11のセクターで分類された特徴とディフェンシブ・オフェンシブ銘柄景気循環 好景気→後退→不況→回復→好景気 クラール このサイクルの循環を繰り返し、景気の波は大きく動いてきて…

預かり区分

一般口座➡確定申告(必要)

特定口座➡『源泉徴収ありにする』➡確定申告(不要)

NISA口座➡『120万円』➡非課税

買付日選択

日付指定コース

クラール
クラール

任意で買い付け日を決める事が出来る

最大で毎日買付を選ぶ事が出来ます。

曜日指定コース

クラール
クラール

ボクは、曜日指定を行い毎週定期的に買付をしています

買付方法・株数等の設定

株数指定=3口

金額指定=300ドル

株数指定は株価に関係なく指定された口数を購入

金額指定の場合は、指定された金額の範囲で買えるだけ購入

アフェ
アフェ

どちらを選んでもドルコスト平均法なので、お好みで!

ボーナス指定

給与などの臨時収入などで買い付けをする設定ですが

出来るだけドルコスト平均法を意識していきたいので、ここは指定していませんが、空白だとイメージが付きにくいと思い設定例を載せています。

アフェ
アフェ

臨時収入も、日々の買付に上乗せすることで平均的に投資することがおすすめ!

NISAなど課税枠のシフト注文

実行にしていると、ギリギリ注文など買付範囲をNISA枠内で収めることが出来ます。

設定すると、設定しないも、管理画面で簡単に変更することが出来るので、ここで迷われている方もあとで設定することが出来ますので、気軽に決めてみましょう。

まとめ

ETFを購入するのであれば、住信SBIネット銀行で外資預金➡SBI証券で外資入金からETFを買付するパターンが一番割安で購入が出来ます。

デメリットは、手作業での作業があること

積み付け買付の設定を行えるのはSBI証券独自のサービス。

【FX専用】SBI証券

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

3 × 4 =

目次
閉じる