MENU

【図解】記事外注でWordPressに書き込みをしてもらう方法

2020 6/26
【図解】記事外注でWordpressに書き込みをしてもらう方法

記事外注に限らず、会社やグループでサイト運営をされている方。

【ユーザー権限】を設定する事で

人数をかけて、デザイン、構成、コンテンツ制作などされている方には

結論!『必須』です。

理由としては、権限を使うことで以下のメリットがあります。

目次

メリット

ワードプレスのユーザー権限を利用するメリットは

Wordなどのテキストツールを利用することなく

外注さんの方で直接Wordpressで入力してもらうことが出来る

デザインの埋め込みやリライトに関しても

アフェ
アフェ

つまり、管理者(あなた)が手を煩わせることが減る=時間がもっと確保できることにつながる!

デメリット

デメリットは『権限』を設定していないと、色々な不具合が発生すること!

アカウントの乗っ取り

許可していない記事の投稿

編集してほしくない部分の変更など

クラール
クラール

権限で管理することでデメリットは払拭されるので、メリットしかない

トラブルが発生しない様に、必ずユーザー権限を設定しましょう。

社内やグループでの利用、外注化しての利用など用途は様々ですが、多くの人の手で作り上げることが出来る仕組みが形成出来ます。

バックアップを取る

アフェ
アフェ

ブログを投稿する時にも大切だけど、かならずバックアップを取る習慣をつけておこう!

サーバー側で自動的にバックアップは取られているものもありますが

定期的に自分でもバックアップを取る

バックアップされているか確認する

プラグインのUpdraftPlusやCpanelでのバックアップなどで定期的にバックアップが取れる様にしておくことをおススメします。

権限の種類(管理者)

ワードプレス内の全ての操作権限があります。

アフェ
アフェ

つまりデフォルト状態で、全ての設定など管理が出来る状態

権限の種類(編集者)

全ての投稿

固定ページやタグ、カテゴリーの設定が出来る

画像などメディアの編集が出来る

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2020-06-17-5-1024x442.png
アフェ
アフェ

メニュー画面

権限の種類(投稿者)

自分が書いた記事の投稿のみ

カテゴリーやタグの設定は出来ない

画像などメディアの編集が出来る

アフェ
アフェ

メニュー画面

権限の種類(寄稿者)

自分が書いた記事のみ下書き保存が出来る

カテゴリーやタグの設定は出来ない

画像などメディアの編集が出来ない

アフェ
アフェ

記事はレビュー待ちの状態になって公開前の『下書き保存』の状態で保存される 👇はメニュー

権限の種類(購読者)

記事に対してのコメントを入れることができる

権限の一覧表

アフェ
アフェ

まとめるとこんな感じ

内容購読者寄稿者投稿者編集者管理者
コメント
※プロフィール
新規投稿(下書き保存)
新規投稿(公開)
メディア編集
固定ページの編集
すべての記事編集
カテゴリー編集
タグの編集
リンクの管理
設定の編集
ユーザーの編集(追加など)
プラグインの編集
テーマの編集

※プロフィール

補足となりますが、プロフィールは全てで設定出来ますが

『指定されたアカウントのプロフィール』

という事が重要です。

記事を書いた人。

コメントを書いた人。

それぞれのプロフィールです。

書いた人を1つにまとめたいのであれば【ブログ上の表示名】を管理者の名前にして公開する様にすると1つに纏めることが出来ます。

🔶設定の仕方

メニューから

ユーザー➡新規追加を選択

目的の編集者アカウントの作成

ユーザー名=外注さんがログインする時のIDなので重要!

メールアドレス=ブログにコメントが入る。リンクがついたりした時に、入力しているメールアドレスに通知が届く。

なので、自分又は外注さんのメールアドレスを入力

名と性=任意なので入力しなくても大丈夫

サイト=任意なので入力しなくても大丈夫

パスワード

パスワード表示=自動的に強力なパスワードを自動生成してくれるのでそのままコピペでも、打ち直すことも出来ます。

ユーザーに通知を送信=打ち込んだメールアドレス宛てにメールが届く様にする

アフェ
アフェ

パスワードはコピペで別テキストの他にも、写真撮影や手書きで残すなどして大切に保管しよう!

権限グループ

購読者

設定➡ディスカッションで『ユーザー登録してログインしたユーザーのみコメントをつけられるようにする』にチェックを入れることで記事にコメントを残せるように出来ます。

アフェ
アフェ

特定の人を決めて、コメントを入れる際などに利用

Contact Form 7などを利用してアクセスの許可を取っている方は不要です。

ユーザー一覧で確認

メニューから

ユーザー➡ユーザー一覧で権限グループの確認が出来ます。

また、編集で内容の変更

削除で打ち込んだ内容を削除

表示で投稿した記事を表示されます。

編集で内容の変更

削除でユーザーの情報削除

表示で投稿した記事を表示されます。

🔶使い分け方(まとめ)

信頼出来るパートナー

サイトの全てを総括出来る人材。

外注化であれば、報酬額も大きい分、より多くの作業を管理出来る人材に与える権限といえます。いわば、あなたの代わりとして任せる事が出来る人材へ向けた権限。

編集者

リライトと投稿が任せられる

投稿者

仕事内容が徐々に理解出来てきて、記事のリライトや画像の編集など細やかな部分の編集を依頼したい時に便利です。

カテゴリーやタグの設定が出来ないので注意が必要ですが、記事全般を任せることが出来ます。

依頼報酬も、このあたりから徐々に増額していくところです。

慣れないうちはここ

寄稿者

はじめてで慣れない方や、記事の構成やライティング技術など、指摘する必要がある外注さんには、寄稿者からのスタートです。

社内であっても、慣れない新人さんなどに設定することで、ライティングの技術などをあとでレクチャーするときに利用します。

コメントをつけて欲しいとき

コメントを制限されているサイトを制作している時に利用します。

権威のある人にコメントを入れてもらうなど、利用用途は様々ですが

コンタクトフォームなどを用意している方であれば必要がない権限です。

クラールの場合

このサイトはボク個人で運営をしているブログなので、他人の手は入れていませんが

会社や仲間を通じて開設しているサイトでは【ユーザー権限】を設定して利用しています。

主に、特化型の記事などで利用していますが、権限を分けることで

『何を任せたら良いのか』が

容易にわかることが出来ます。

役割を決めて、作業を分担出来ることで効率化出来ます。

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

15 − 5 =

目次
閉じる