MENU

【2020年】SEO対策って何が最適解なの?ライティング編

2020 6/28
【2020年】SEO対策って何が最適解なの?ライティング編

SEOとは『検索エンジン最適化』

つまり、GoogleのAIクローラーが好む設計

システム的なものが大半ですが、ライティングも重要視されます。

何が重要なのか?

キーワードに沿ったコンテンツが書けている

目次

キーワードに沿ったコンテンツとは

2つのポイント

キーワードに沿う際に大事なポイントが2つあります。

タイトルのキーワードに沿う

コンテンツの内容は正確に

例・iPhone おススメ SE2=検索で検索するとします。

読んでいるユーザーはどんな情報が欲しいのか?をよーく考えてみましょう。

『iPhoneが欲しいけ自分に合った機種は?SE2なのかな?』 

『iPhoneSE2の容量は何がいい?』

『カメラの性能は他と比べるとどうなの?』

色んな疑問など投げかけてるユーザーがいるはずです。そんなユーザー(ペルソナに対して)

『キーワードから答えを導き出すことが出来ているか』ここが最重要pointです。

クラールのアイコン画像クラール

それは〇〇だからおススメです!と答えが書かれているか?ということ。

キーワードの種類

3つのキーワード

SEOを知るうえで必ず必要とされる3つのキーワードの種類があります。

ビックキーワード(サジェストキーワード)

ミドルキーワード

ロングテールキーワード(スモールキーワード)

この3つを具体的に話していくと

ビックキーワード『iPhone』『おススメ』

ミドルキーワード『SE2』『2020年』『レビュー』

ロングテールキーワード『容量』『カメラ』『人気色』

アフェのアイコン画像アフェ

大きいキーワードほどライバルが多く、小さくなるほどライバルが少なくなる傾向があるよ!

キーワードに付いては、キーワードプランナーに付いて書いた記事で詳しく解説しているので

良かったら読んでみてください。

klar-net
【2020年版】Googleキーワードプランナーの使い方(無料編)
【2020年版】Googleキーワードプランナーの使い方(無料編)リニューアルしたキーワードプランナーについての解説を今回はしていこうと思います。 初めての方でも、分かる様に解…

3つとも非常に重要!

近年、SEOのアルゴリズムは複雑化されています。

以前であれば、ビックキーワードに関連するキーワードを多く記事内に展開しているだけでも

検索順位の上位を狙えていました。

しかし、度重なるコアアップデートを繰り返して現在はより、慎重に記事を書いていく必要があります。

ビックキーワードからロングテールキーワードを使ってメッセージを書く

無理にはめ込むのではなく、伝えたいキーワードを使って相手に送る、件名をイメージしましょう。

クラールのアイコン画像クラール

iPhone SE 2(2020年新型)のストレージ容量のおすすめはどれ?64・128・256GBで用途を比較。選び方を紹介。

@iggy3_tokyoさんのページですがGoogleで実際に上位にランクされていましたので参考にさせてもらいました。

あわせて読みたい
iPhone SE 2(2020年新型)のストレージ容量のおすすめはどれ?64・128・256GBで用途を比較。選び方を紹介...

〇語キーワード

相手に送るメッセージを書く時に複数のキーワードを使用すると思います。

クラールのアイコン画像クラール

ボクはキーワードの数を何個使用したか?数えてメモを取る様にしています。

1語・2語・3語・4語キーワード

1語=iPhoneSE2 2語=おススメ 3語=モデル 4語=64ギガ

より細分化されてユーザーに対して何を奨めるのか、見えて来ます。

5語キーワード

1語=iPhoneSE2 2語=おススメ 3語=モデル 4語=64ギガ 5語=選び方

キーワードが多ければ多いほど、より伝わる内容になります。

しかし、長すぎるとあまり良くありません。

文字数が多すぎると、文字が収まりきらず。。。になってしまう

文字数は32文字以内が理想

クラールのアイコン画像クラール

そして、タイトルはペルソナへ向けたメッセージと認識してください。

ペルソナとは?

特定の人物を設定することを意味します。

その人へ向けた、アプローチをより詳しく行うことが重要です。

👆のキーワードでいえば

『iPhoneを購入したいけど何が良いのかわからない』という人へ向けた

説明文を送ることを意識する事が大事です。更に

性別は?年齢は?悩みや、知りたいことは?など

より細かければ細かいほど、伝えたい気持ちを届ける事が出来ます。

つまり、答えを出すことは

『一緒になって導きだす』ことを意識する。

リンクは貼られているか

内部リンク

✅内部リンクで親切な記事誘導が出来ているか?

つまり、自分で作成した記事を補足として利用しているか?ということです。

関連性が高く、欲しい答えがそこにある事を優先的に意識して貼り付けましょう。

外部リンク

✅外部リンクを貼ってもらいやすい構成をしているか?

外部のリンク、つまり

他人の記事を自分の記事内に貼り付けることを意味します。

理由は同じで、関連性が高く、欲しい答えがそこにあればドンドン利用していきましょう。

貼られた方も、SEOの評価が高まるのでお互いに利益があります。

そしてもう1つ

他人が自分の記事を外部リンクとして貼り付けてくれること

先ほどの反対ですね!

SEOにも評価されますし、相手が判るのであれば感謝をしましょう!

そして、出来るかぎりお礼として関連性が高い記事を相互でリンクしあうことで

お互いに高め合えますので理想的です。

SEOクローラーが評価する7項目

クローラー(AI)が巡回しているポイントは以下の7つ

サイトマップの作成=閲覧しやすい設計になっているか?

キーワードに沿ったコンテンツの作成=『キーワードから答えを導き出すことが出来ているか』

シンプルなURL=間欠にまとめられたURLにしているか?(パーマリンク)

内部リンクの充実=関連性が高く、欲しい答えがそこにあるか?

外部リンクの充実=関連性が高いコンテンツを作って、外部リンクを貼ってもらえる様にする

表示速度を上げる=画像を軽く、キャッシュを削除するなど

サーバーの最適化=速度と安定性を重視したサーバーの利用

マーカーでなぞられているところが、ライティングやブログを書くうえで必要なポイントです!

あとは、システム面のお話になるのでテーマやプラグイン、ツールなどを利用して強化していけるので

また次回の記事で書かせて頂きます。

SEOライティングで大切なこと

まとめとなります。

SEOは

キーワードに沿ったコンテンツが書けているか

ここを重点的に監視しますが、度重なるコアアルゴリズムの更新で

よりコンテンツに重きをおく傾向にシフトしていっています。

つまり

『答えが分かり易く書かれているか』が大切です。

悩みや共感、色んなものを深くリサーチし

ペルソナを見つけ、ペルソナに対しての『答え』を導きだすことが重要です。

そして、SEOと同様、いやそれ以上に重要視されているものが

SXOです。

あわせて読みたい
【2020年】SXOとは?SEOとの違いや対策について徹底解説
【2020年】SXOとは?SEOとの違いや対策について徹底解説SXOは『Search Experience Optimization』で『検索体験最適化』という意味です。つまり、経験や体験の答えを導きだすこと。よりコンテンツ内容が重要になり、キーワード...

この記事に詳しく解説していますが

SXOは『Search Experience Optimization』で

『検索体験最適化』という意味です。

つまり、経験や体験の答えを導きだすこと。

よりコンテンツ内容が重要になり、キーワードに沿った答えが導きだされているかが重要になります。

開いた時に直ぐに欲しい情報がそこにあることが大切です。

そしてその内容は『誰から』発信されたものなのか?

『誰に』対して発信するものなのか?内容はしっかりしているのか?

特定の人物へ向けた最適解が導きだせているか?をより詳しく調べています。

特に『ユーザビリティ』にはライティングをする上で必要不可欠な要素です!

従来だとSEOだけに拘ることで上位表示される人気サイトに出来るサイト作りが出来ていましたが、最近ではそれだけでは十分な対策になりません。

つまり

SEO(システム)×SXO(ユーザー)

どちらに対しても親切なサイト設計にすることが重要

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

18 − 5 =

目次
閉じる