【大容量】hi-ho Let’s Wi-Fiの評判とメリット・デメリットを解説

無制限で、hi-ho gogo wi-fiとしてウリに出して、1時期はかなりの人気を誇っていましたが

現在は、新規の受け付けが出来ない状態になっていますが

名前と内容も変えて、新たにhi-ho Let's WiFiとなって新規の受け入れを開始!

目次

無制限のサービスは?

当ブログでも、お得なWiFiサービスとして比較記事を出させてもらっていましたが

ソフトバンクの容量規制によって一気に無制限の流れが打ち切りになっています。

hi-ho gogo wi-fiのサービスもその1つに当てはまります。

実際に、現状無制限をウリにしている業者さんがいますが

限界値が決められているのは確かなので、事実上、無制限のサービスは存在しません。

一部、楽天モバイルのアンリミットだけが5Gで無制限のサービスもありますが、エリア制限などで

都市部の中心でしかまだ利用が出来ないので、どこでも無制限のサービスは残念ながら存在しない現状。

あわせて読みたい
無制限WiFiはオワコン?クラウドSIMなどの大容量通信の今後
無制限WiFiはオワコン?クラウドSIMなどの大容量通信の今後クラウドSIMの記事を当ブログでも、書いています。魅力は無制限に通信が出来るという点でした。新型コロナウィルスの影響で、自粛要請などで自宅でのテレワークや、家族...

hi-ho Let's Wi-Fiとは?

株式会社ハイホー【hi-ho Inc.】が運営するサービスの1つです。

(電気・WiMAX・光回線などのインターネット事業を長く運営している会社です。)

実績の面でも、元々はパナソニックから始まっている由緒正しいサービスで、事業の売却などを経て現在は

株式会社ISPホールディングスの傘下で運営しています。

アフェのアイコン画像アフェ

新規企業が多い大容量WiFiサービスの中で、実績のあるの企業が運営しているのは評価!

特徴は?

200ギガ超えの大容量通信!とCMしていますが、最初にお伝えした通り、上限値があります。

1日=7ギガまで利用可能

つまり、WiMAXの3日で10ギガの制限より、軽い規制でご利用が出来ます。

アフェのアイコン画像アフェ

ちなみに7ギガで使える範囲はこちら

1GBで出来ること。YouTube動画再生87回再生、インターネット Yahoo!トップページモバイル版 3207回、google map表示4430回、メール333回、LINEトーク13.3万回、LINE音声通話1分55時間、LINEビデオ通話1分3.3時間、Instagram写真閲覧 5分1.3時間。
アフェのアイコン画像アフェ

7ギガを超えてしまった場合は?

クラールのアイコン画像クラール

2日後の通信速度が最大128kbpsになります!

128kbpsは、キャリアなどでもおなじみの速度制限になった時に採用されている速度です。

軽いwebページならストレスなく見れますが、動画などの視聴はかなりストレスがかかる容量となります。

\hi-ho Let's Wi-Fiを確認してみる/

料金は?

現在キャンペーンをおこなっていて

初月が無料!

2カ月目が2980円!(7月31日まで)

通常の月額は4300円です。

WiMAXの基本料金とほぼ同レベルの値段設定です。

1日7ギガ=hi-ho Let's WiFi

3日10ギガ=WiMAX

若干、キャンペーン後の料金を比較してみてもWiMAXの方が安くなっていますが、使える容量の差は2倍以上なので大容量をご利用のユーザーにとっては、納得のいく差額かも?

業者名通常料金
GMOとくとくBB4263円
カシモWiMAX4079円
BIGLOBE WiMAX 2+3980円

\hi-ho Let's Wi-Fiを確認してみる/

クラウドSIMなので端末が必要

クラウドSIMとは?

通常端末にSIMカードを差し込んで利用しますが、クラウドSIMの場合は文字通りクラウド上にSIMが存在し、 クラウドから必要なSIMの情報を拾って来るため、 端末にはSIMが入っていません。

海外では主流になりつつある通信技術で、日本国内でも多くの通信会社がしのぎを削っています。

hi-ho Let's WiFiの場合

特殊な内容なので使える端末が限られるデメリットがありますが、hi-ho Let's WiFiの場合

端末代が0円!更に、レンタルではないので返却不要です!

※初期契約解除申請日から7日以内に端末および同梱物一式をご返却いただく必要があります!

手続きもwebで簡単な情報をおくるだけ!

決済方法はクレジットカードの決済となりますのでご注意!

端末の詳細

注意点は、最大接続数が5台というところと、端末自体が重たいというところ(151g)iPhone8程度の重さ

それ以外は、長時間の接続と、高速通信に対応しているのでストレスなくご利用が出来ます。

\hi-ho Let's Wi-Fiを確認してみる/

3大キャリアの通信網

クラウドSIMの特権はSIMがクラウド上にあるので、複数のSIMの情報を受け取ることが出来るというところ!

キャリアによって電波の届きにくい場所がありますが、ドコモ・au・ソフトバンク回線を自動的に切り替えて接続してくれるので、電波切れの心配がありません。

ただ、7割から8割くらいソフトバンク回線を利用しているので基本的にはソフトバンク回線を常時利用していると思われたら良いです。

速度

平均Ping値: 46.36ms 下り平均速度: 21.05Mbps 上り平均速度: 9.45Mbps

時間帯Ping下り上り
42.0ms40.09Mbps13.33Mbps
45.33ms22.37Mbps11.95Mbps
夕方50.78ms29.63Mbps9.13Mbps
48.38ms22.05Mbps6.57Mbps
深夜55.0ms20.69Mbps10.11Mbps

みんなの回線速度さんを引用

違約金(しばりは?)

つまり、2年縛り(初回)

2回目よりは、1年縛りとなります。


0~11ヶ月目:18,000円(税抜)

12ヶ月目以降(※更新月除く):9,500円(税抜)

更新月(25ヶ月目、37ヶ月目とし以後同様):0円

補償

月額500円のお支払いで、無償修理or交換が行えます。

ただ、初回の加入のみ適応されるので途中からの加入は出来ません。

hi-ho Wi-Fi端末補償

海外利用は1ギガ/日

1日あたり使える容量が1ギガとなるのでご注意を! 1日7ギガは国内のみです。

また料金も、場所によって料金が異なりますが、主要な国

東アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米であれば、970円

それ以外の国では、1600円でのご利用となります。

まとめ

速度の規制が入ったことで、無制限と謳っているサービスより

〇〇ギガまで利用可能!と上限値を設定しているサービスの方が、現状安心してご利用が出来ます。

(ソフトバンク側の規制によって上限値が設定されているため)

今回、解説したhi-ho Let's WiFiも上限値を1日7ギガと定めているので、安心して大容量通信が接続出来ます。

更にクラウドSIMで3大回線の電波が使える

速度も、ほぼキャリアと同等レベル

端末も、プレゼントで無料で利用が出来る

料金もWiMAXと比較してみても大差がない

海外でも利用が出来る

などなど、いろんな強みがあります。

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴、北欧諸国でも準備が出来たなどの意味を持つそうです。そんなブログを書けれる様、全力投球☀アラフォーリーマンで妻と幼稚園にいく子供の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤6桁目指し中☀手付かずだったTwitterも今月より本気で取り組み中☀『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

2 × four =

目次
閉じる