『検索される方法』ディスクリプションとパーマリンクの重要性と設定方法

今回は、検索される割合を増やす方法についてお話していきます。

そのために、ディスクリプションとパーマリンクの設定が不可欠になってきます。

アフェ

横文字で聞いただけじゃ何言ってるのか分かんないよ

クラール

簡単に2つを説明すると

ディスクリプション=ページの紹介文を簡潔にまとめたもの

パーマリンク=URLの後に続く単語を並べたもの

どちらも、何もしていなくても記事は公開出来ますが、検索される割合を減らす要因になってしまいます。

目次

何故、検索される割合が減るのか?

ディスクリプション、パーマリンクともにSEO(検索エンジンのクローラー(AI)の評価に影響するからです。

何より読者が検索したときに、どんな記事が書いてあるのか?

何の記事を書いているのかが判るところが最大のポイントになります。

ユーザビリティといって、読者にとって便利なものが優遇されるようにサイト設計をしていく必要があります。

アフェ

検索したときにすぐにわかる方が便利だもんね!

クラール

じゃ、ディスクリプションから話していくね

ディスクリプションとは

冒頭でもお話しましたが『紹介文』です。

どんな記事なのか?

調べたい情報が載っているのか?

キーワードで検索をかけた時に、出てくる関連性や適合性が高いものが評価されていきます。

他にも、ブログの実績値を計るドメインパワーなど色んな要因から上位表示される要素はありますが

ディスクリプションは、関連するキーワードを多く出して書くことが大切です。

クラール

ボクの記事でいうと、👇にある感じのもの

キーワードを使う2つのポイント

要点となる、検索するときに関連性と適合性が高いキーワードを書くことが出来る

2つの大切なポイントがあります。

『結論』や『要点』をまとめる

ページ全体を通して多く出てくるキーワードを書く

検索するときに関連性と適合性が高いキーワードを書く

記事の冒頭で『結論』そして、最後のまとめに『結論』ボクの場合は要点を書くようにしていますが

どちらも、『結論』を出しているので関連性が高いキーワードが沢山出てきます。

つまり、冒頭の『結論』または、まとめの書く『結論』を簡潔にまとめて書くといいです。

‘『要点』になるキーワードを含めてディスクリプションを書いていく

ページ全体を通して多く出てくるキーワードを書く

記事を通してみて、頻繁に出てくるキーワードの『関連性』が高いキーワードを抜粋していきます。

続いて、結論や主張で出てくるキーワードが『適合性』が高いキーワードを抜粋。

どちらのキーワードにも当てはまるものでディスクリプションつまり紹介文を書くと

検索するときに関連性と適合性が高いキーワードを書くことが出来ます。

3語キーワードを意識

ディスクリプションを書く時に使った2つのポイントは、タイトルに使用する3語キーワードを確認する時にも有効です。

ビックキーワード(サジェストキーワード)

ミドルキーワード

スモールキーワード(ロングテールキーワード)

👇の記事に詳しく解説していますが

こちらも、『関連性』と『適合性』が重要になります。

アフェ

関連性と適合性が高いキーワードをタイトルに入れる

あわせて読みたい
【2020年】SEO対策って何が最適解なの?ライティング編 SEOとは『検索エンジン最適化』 つまり、GoogleのAIクローラーが好む設計 システム的なものが大半ですが、ライティングも重要視されます。 何が重要なのか? キーワード...

パーマリンクとは?

サイトのURLのあとに続く単語を並べたものです。

ディスクリプションで、紹介したサイトのURLが👇になります。

『https://klar-net.com/litespeed-comparison』

lightspeed-comparisonなので、lightspeedを採用しているサーバーの比較をする記事ですよーと

自分以外の多くの人達に分かってもらう様にする為と、クローラー(AI)に認識しやすい様にすることです。

クローラー(AI)が認識しやすい様にする効果がある

読者側にとっても、文字化けしたURLよりシンプルに纏ったURLの方を優先する

パーマリンクの悪い例

悪い例を挙げると

日本語で文字化けしている

『URLの後に%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%e3%8』の様に文字化けしたパーマリンク

パーマリンク設定で、postnameというURLの後に記事のタイトルを入れる設定が出来ますが

文字化けしてしまうのと、シンプルにまとめる事が大切なので修正をかけないのであれば外しておいた方が

良いです。

クラール

修正をかけないと関連性が失われることになるので出来るだけパーマリンクはその都度作成した方が良いです。

関連した内容が書かれていない

『URLの後に日付やID番号だけ』の様に関連した内容がないパーマリンク

文字化け同様に、認識されないです。

『URLの後に関連性がないキーワードがある』パーマリンク

折角、キーワードを入力しても関連性がないキーワードだと評価が下がってしまいます。

パーマリンク設定

ワードプレスを開き

設定➡パーマリンク設定の順で選択していきます。

基本的に修正をかけるので、何処に設定していても問題はありませんが

クローラー(AI)に

どんなサイトなのか?

いつ作成した記事なのか?

を認識してもらう必要があるので

年=year

投稿月=monthnum

日付=day

この3つは入れておくべきだと思います。

あとは、お好みですが

私の場合はブログを書いているので、blogも入れていますその後に関連するキーワードを入れていく様にしていますので

シンプルなパーマリンクが出来上がります。

下記の様にカスタム構造で設定が出来ます。

まとめ

ディスクリプションとパーマリンクの設定を行うことで

検索される割合が高まります

理由として

どんな記事なのか?

調べたい情報が載っているのか?

どんなサイトなのか?

いつ作成した記事なのか?

明確に知らせる事が出来るので、検索する側や評価する側にとっても親切だから。

更に、『関連性』と『適合性』が高いキーワードを選択するとより効果がまします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴太陽の光明るい生活が彩れるそんなブログを書ける様、全力投球!田舎暮らしのサラリーマンで妻と5歳の息子の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤現在月収6桁代稼げるブログの知識や、運用方法など発信!現在特化型も展開中!ボクの知識や経験で『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

3 × one =

目次
閉じる