1記事あたりの文字数は多いほどSEOに評価される?正解の書き方とは?

今回は、ブログの文字数について解説していきます。

ボクは、この記事以外にも特化型記事を書いています。

その中での気付きをここに書いていきたいと思います。

何文字書けば、SEOに評価される?

いろんな質問を受けるので記事にしてみました。

結論からお話すると

文字数に目安は存在しません!

理由として

伝えたいモノの数(コンテンツの大きさ)によって違う

記事を書く『型』にはめた時に、十分な文章が書けていないと意味がない

つまり、文字数ではなく内容がより大切になるからです。

目次

コンテンツの大きさ

コンテンツの大きな記事で、メジャーな内容が以下の様な記事。

ランキング記事

比較記事

まとめ記事

つまり、1つではなく多くのコンテンツを必要とする記事で構成されている

人気なコンテンツほど、ライバルも多いことから

文字の数も当然多く必要としますし、何より『内容』が求められてきます。

アドセンスであっても、アフィリエイトであっても、『コンテンツの大きな記事』に到達出来る様に

関連する記事を繋げていくことが大切です。

何故、関連する記事を繋げていくのが重要なのか?

記事の目的は『知りたい』人の利益になる記事を届けることにあります。

つまり、『効率よく知りたい答え』に読者は辿り着きたいのです。

そのためには、SEOでも重要なポイントになりますが

内部リンクと外部リンクで繋げる

つまり、リンクで繋げる関連する記事が必要になります。

クラール

このリンクを繋げることが超重要!

更に関連性を高めるには?

コンテンツが大きければ大きいほど、沢山の商品や、題材があります。

その1つ1つを、細かくリサーチして『独自の主張』を加えて記事にすることで高まります。

クラール

冒頭で伝えた『型』につながるもの

記事を書くための『型』とは?

PREP法に当てはめていくと簡単に『型』にはめていくことが出来ます。

PREP法

P=POINT(結論) ①結論は最初に

R=REASON(根拠) ②根拠を伝える

E=EXAMPLE(具体例) ③具体例をあげる

P=POINT(要点) ④だから〇〇!

結論は最初に

根拠を伝える(自己主張も大切に)

具体例(絵柄やグラフ)

最後に、要点のまとめですがココにも結論を加えることで『知りたいこたえ』が何なのかつまりベネフィット(相手の利益)になる記事になります。

klar-net
『ブログの書き方』進行方法とアイデアが効率的に出てくる方法とコツ
『ブログの書き方』進行方法とアイデアが効率的に出てくる方法とコツブログの添削をやっていますが、その中でもよくアドバイスをしているもの2点 どんな風に進行していけばいいのか? …

『型』にはめていくことで見えるもの

答えが直ぐに分かる=適合性がある記事

悩みを解決出来る提案が沢山ある=関連性がある記事

つまり、SEOにもSXOにも評価される記事に仕上がります。

あわせて読みたい
【2020年】SXOとは?SEOとの違いや対策について徹底解説
【2020年】SXOとは?SEOとの違いや対策について徹底解説SXOは『Search Experience Optimization』で『検索体験最適化』という意味です。つまり、経験や体験の答えを導きだすこと。よりコンテンツ内容が重要になり、キーワード...

更に、『型』にはめることで必要な文字数がある程度、見えて来ます。

ボクでいうと比較記事で7000~10000文字程度

関連記事でいうと2000文字前後といったところです。

必ずしも文字数が多いものが正解ではない

シンプルであっても、ベネフィット(相手の利益)につながることが何より重要です。

つまり、少ない文字数であっても、伝えたいものが明確で『こたえが何なのか提示出来ている』記事なら

少ない量の文字数でも十分響く記事に仕上がります。

更にそこから、大きなコンテンツへ繋げていくリンクを繋げていくことでより強力な記事に出来ます。

まとめ

今回は、文字数についてお話してきましたが

SEOに評価される基準はそもそも文字数ではないということ!

アフェ

文字数よりも、内容が大切!

そもそも、伝えたいモノの数(コンテンツの大きさ)によって違う

コンテンツが大きいほど、文字数は多くなる。

記事の目的は『知りたい』人の利益になる記事を届けることにあります。

つまり、『効率よく知りたい答え』に読者は辿り着きたいのです。

そのためには、SEOでも重要なポイントになりますが

内部リンクと外部リンクで繋げることが大切!=関連する記事が大切!

記事を書く『型』にはめた時に、十分な文章が書けていないと意味がない(効果が薄くなる)

PREP法を使って、最初から最後まで『型』にはめて記事をかくことが大切!

そして、必ずしも文字数が多いものが優遇されるわけではないということ!

シンプルであっても、ベネフィット(相手の利益)に繋がっているのであればいい記事になります!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

klar(クラール)はドイツ語で快晴太陽の光明るい生活が彩れるそんなブログを書ける様、全力投球!田舎暮らしのサラリーマンで妻と5歳の息子の3人家族。ブログ始めて4カ月で5桁達成!➤現在月収6桁代稼げるブログの知識や、運用方法など発信!現在特化型も展開中!ボクの知識や経験で『1人でも多くの人に元気と自信を』☀

コメント

コメントする

five × two =

目次
閉じる